英会話と英語教育の違いについて

教育

英会話と英語教育の違いについて

子供に英会話を習わせたいと考えている保護者は数多くいます。
英会話教室に通わせる事によって学校で始まる英語の授業に躓く事無く、良い成績を取る事が出来ると考えられているからです。
しかし、英会話と学校の英語教育は同じ性質を持っているように思えますが、その本質は別物です。
英会話は英語で円滑なコミュニケーションを取る事を目標にして授業が行われます。
煩雑な英単語を覚える必要は無く、日常生活で用いる簡素な会話をスムーズに行うように指導されます。
一方で学校で行われる英語教育は、英語で記された文書を読めるようになる事が第一の目標です。
どのような英語の試験であっても長文問題は必ず出題され、且つ配点も高いです。
したがって、受験に備える為にリーディングの授業を重点的に行う学校が多いです。
教育の目的が根本的に異なる為、英会話教室に通ったからといって必ず学校での英語の成績が良くなるという訳ではありません。
ですが、現在では学校でも英語でのコミュニケーションを重視する傾向があります。
よって、子供に英会話を学習させる事は以前と比べるとメリットが高くなっています。