道徳教育によって子供の心を豊かに出来る

教育

道徳教育によって子供の心を豊かに出来る

子供の情操教育に必要とされ、設けられている「道徳」という授業があります。
道徳教育は善悪を判断する正しい価値観を養う事を目的としています。
しかし、週に数回程度しか設定されていない道徳教育の時間を潰して生徒の自習時間に切り替えたり、特別行事の準備時間に充てるという行為が学校内で頻繁に見受けられるようになりました。
また、他教科と比較すると道徳の授業は生徒にとって重要な科目ではない為、授業に消極的になってしまい授業の効果が得られないケースも増えています。
道徳教育は一部の保護者からは不必要という声が上がっています。
ですが、道徳の時間を充実させる事によっていじめや不登校問題の解消を促す事が出来るようになります。
道徳の授業では国語や数学といった科目で得られない「人間として生活していく上で必要な価値観」を育成する事が出来ます。
むしろ、道徳の時間で学んだ事が社会人になってから求められる場面も多いです。
学習能力が高い生徒を輩出する事も教育の重要な事柄です。
しかし、社会に貢献出来る人間を育てる為には、正しい価値観とコミュニケーション能力を養わせる事が最も重要なポイントとなります。