幼少期の音楽教育が子供を伸ばす。

教育

幼少期の音楽教育が子供を伸ばす。

絶対音感というものは、大人になってからだと身に付かないと言われています。
5歳までに音感教育を与えることが、子供の感性を豊かにし、音楽への興味を持ってくれる秘訣です。
子供はスポンジのように何でも吸収します、ですから、週に一回でも良いので、子供が小さい頃から音楽教室に通わせることが出来れば、基礎的な音感やリズム感を歌やダンスを通して身に付けてくれます。
こうした能力は一度身につければ衰えることがないので、将来的に、楽器や歌を習ったりする際にも役に立ちます。
また音感教育というのは、脳に非常に刺激を与えると言われています、音をイメージする能力は抽象的な思考力を、音を表現する能力は創作的な能力を育んでくれます。
ピアノを習っている子供は、そうでない子と比べるとIQが高く、数学的な思考力も強いと言われています。
子供の芸術的な感性を伸ばすためにも、また将来にわたって役に立つ思考力や、頭の柔軟性を身につけさせるためにも、幼少期に音感教育を施すことが大切です。